profile

*****

Suzuki Ayumi

鈴木 あゆみ

*****

岩手県盛岡市生まれ
青森県八戸市で育つ
旧姓・佐藤

 

小学校2年生の3学期(2月)、
八戸北ジュニアアイスホッケークラブ入部

確か3年生か4年生の頃、
負けなしで最強だったホワイトベアジュニアから念願の1点。
「約束だったから」と
コーチが自宅にきてくれて、1000円をもらった思い出がある。

5年生の時、PEEWEE国際アイスホッケー大会出場。
6年生でも選抜Bチームで出場。
箱田さん率いる青森選抜と
GKなしの延長戦に突入し、敗退。
自分の中で、伝説の一戦。

最高学年だった6年生では1勝もできなかった。
しかし、
「みんなで話し合ってプレーする楽しさ」
「うまくなる、強くなる瞬間」
を感じた貴重な1年。
この1年があったからこその、今。

八戸レッズ女子アイスホッケークラブ

コクドレディース(現・西武プリンセスラビッツ)

1998年、長野五輪代表に選出。
(代表歴は下記参照)

原因不明の病にかかる。
退院後、復帰。

再発をきっかけに東京生活を断念。

八戸レッズへ

 

地元八戸の女子チームを強くしたいと奮闘するものの、

なかなか結果につながらず。

2009年7月、33歳のときに長女を出産。

出産前から復帰を見据えて体作りをし、
4ヶ月後に氷上復帰。

7ヶ月後の2010年2月、
名古屋で開催された全日本選手権(B)で優勝。

毎試合ポイント達成(ゴールまたはアシスト)。
「ママになってもこんなに動ける」と実感。
残念ながらその大会はベスト6がなかったが、
「あったらお前がMVPだな」の一言が支えとなった。

 

2010年11月、34歳のときに次女を出産。
年子育児に奮闘。
産後うつを経験するも、
選手をやめる気になれず。

4ヶ月後の2011年3月、
全日本選手権(A)出場。

大会期間中の3月11日、東日本大震災発生。

地元八戸が甚大な被害を受けるも大会は続行。

その後2試合は睡眠をとれないまま氷上へ。

「地元にいいニュースを届けたい」という気持ちだけが空回りし、

1勝もできずにBへ降格。

娘たちを実家と義実家に預けており、

「母親だし、もうアイスホッケーはやめよう」と考える。

しかし、3月29日、

復興支援のために開催された「東北地方太平洋沖地震復興支援チャリティーマッチ」で、伝説となった三浦知良選手のゴールで号泣。

「こういう選手になりたい」と思ったちょうど同じ日、

同い年の仲間から

「いいからお前はホッケーやってろ」

と不器用ながらも温かな励ましで現役続行を決意。

これまで一緒に頑張ってきた仲間たちが区切りをつけ、

チームは一気に若返り。

自分がいていいのだろうかと悩みつつも、

再び八戸レッズをAに昇格させようと、

若い選手たちに混ざってプレーを続けた。

2013年2月、日本女子代表がソチ五輪最終予選で優勝。
念願の自力出場を果たし、自分の中で、
「五輪に行けなかったときのキャプテン」から解放される。
ありがとう後輩たち。

 

2014年2月、八戸で開催された全日本選手権(B)で念願の地元優勝。

36歳でベスト6(ベストFW)に選ばれる。

閉会式で号泣する姿はバッチリ地元テレビに撮られていた。

「これが私たちのオリンピックです」
(試合後のインタビューにて)

2014年3月、全日本選手権(A)7位。
Aグループ残留を果たし、
地元八戸の女子チームを強くしたい
という長年の夢が叶った。

2015年3月、全日本選手権(A)6位。
過去最高成績。
38歳。
嬉しい結果でもあるが、
「やっぱりトヨタシグナスには勝てないのかあ」
と実感。

 

2016年12月、

スマイルリーグ(日本女子アイスホッケーリーグ)を最後に一区切り。

当時39歳。

おそらくスマイルリーグ最年長。

おそらくスマイルリーグ最年長ゴール記録保持(38歳7ヶ月)

おそらくスマイルリーグ最年長アシスト記録保持(39歳5ヶ月)

連盟に確認していないので非公認。

今後どのレベルで復帰しようか考え中。

2017年6月、仙台レディースラビッツへ入部。

 

仙台で行われているMIEリーグ(Bグループ)にて、

男子チームを抑えて優勝。

Aグループ昇格を果たす。

2019年12月、東北大会準優勝に終わる。全日本選手権B出場ならず。

2020年2月、指導するチーム(小学生Bチーム)が市内リーグ優勝。
子どもたちの可能性をひしひしと実感。

2020年3月、アイスホッケーに関する活動を全ていったん休止。

ただいま充電期間中。

 
*****

 

(財)日本体育協会認定 スポーツプログラマー

(財)日本体育協会認定 公認アイスホッケー指導員(2017年10月受講済)

しつもんメンタルトレーニング インストラクター(2017年3月受講)

しつもんメンタルトレーニング トレーナー(2017年11月受講)

アンガ-マネジメントキッズインストラクター(2017年10月受講)

NPO法人コミュニケーション能力開発機構認定
心理カウンセリング・コーチング1級

教員免許(中学校・社会)

特別支援学級スタディサポーター経験あり

 

*代表歴*

1998年 長野五輪 6位

1999年 第5回冬季アジア 銀メダル

1999年 女子アイスホッケー世界選手権(B) 優勝<Aへ昇格>

2000年 女子アイスホッケー世界選手権(A) 8位<Bへ降格>

2001年 ソルトレイクシティ五輪予選最終予選(主将) 敗退

*ライター歴*

「ゼロからはじめるライティング講座」(2020)

「しつもん」で夢中をつくる!子どもの人生を変える好奇心の育て方(旬報社)
著者・藤代圭一
編集協力として携わる(ブックライター)

デーリー東北 平昌五輪・観戦記連載(2018)

デーリー東北 コラム「私見創見」(2016~2018)

フリーペーパー Ma・cherie Hachinohe(マ・シェリ八戸版)

「育児徒然草」(2009~2011)

女子アイスホッケー世界選手権divisionⅠ 公式サイト観戦記(2007)

東奥日報<WEB東奥> リレーエッセイ(2004)

デーリー東北 冬季アジア大会観戦記(2003)

その他 企業様ホームページ(メルマガ、コラム担当)など

***

https://ayumishimt.stores.jp/

ワンポイントアドバイス、記事校正、1ヶ月サポートなどを行っています。

 

*講座開催実績*

準備中

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする